AGAと遺伝の関係について

男性にとって大きな悩みの種となる薄毛。
それを引き起こす一つとして大きな注目を集めるAGAですが、これらの発症には実は親からの遺伝というものが深く関わっていることが判明しています。
ドイツのボン大学の研究チームが発表した内容によると、AGAという病気は後天的に発症するものではなく、すでに親から受け継いだ遺伝子のレベルでその発症の可能性が予測できるとのこと。
この発表によってこれまでよくわかっていなかったこの病気の正体がより深く理解出来るようになってきました。

具体的に説明するとなると、染色体の話を持ち出さなければなりません。
人は誰もが遺伝子の中に染色体を抱えていますが、男性の染色体はXYという組み合わせで、女性はXXという組み合わせを持っています。
これらの中で任意の男女が結ばれて子供が生まれる場合、男の子ならば母親からはXが受け継がれ、父親からはYが受け継がれます。
そしてこのAGAという病気の発症についてはこの母親から受け継いだXに情報が詰め込まれているとみられています。

AGAではテストステロンと言う男性ホルモンと頭皮付近にある5αリダクターゼという特殊な酵素が反応しあってDHTという物質を作りだしますが、このDHTと毛乳頭が持つアンドロゲンレセプターが結合することによって脱毛因子が作り出されて抜け毛が促進されていきます。

母親からXという染色体を受け継いだ男の子はアンドロゲンレセプターの量が多いため、テストステロンと5αリダクターゼが高い活性度にて反応しあって作り出されたDHTをより高い感度で受け止めて、通常の人に比べて高い割合で脱毛因子を増大させてしまうのです。
このようなシステムが身体の中で巻き起こることによってAGAが発症し、その果てに薄毛が悪化していくことが考えられています。

ちなみに女の子の場合、染色体の組み合わせは父親からのXと母親からのXを組み合わせたXXとなります。
男の子と同じくAGAの発症をもたらす情報は持っているものの、この病気はあくまでテストステロンという男性ホルモンと反応することで巻き起こるため活性度が高まらず、そのため女性は抜け毛や薄毛を引き起こしにくいのです。

自分にAGAの可能性があるかは母方の親戚を見る!

これまで見てきたように、親からAGAを発症する遺伝子を受け継ぐと、その人が持つアンドロゲン受容体の量が増え、テストステロンと5αリダクターゼが反応して作り出されるDHTと結合しやすくなり、その分だけ脱毛因子が数多く作り出されることとなります。
特に母親から受け継がれるXと言う染色体がAGAを発症する情報を内包していることから、薄毛の遺伝は主に母方の血筋にて受け継がれていると言っていいでしょう。

そのため、母方の親戚というものは自分自身が将来的に薄毛になりやすいかどうかを見極め、予測するにあたっても非常に大きなバロメーターとなりえます。
もちろんXの染色体を持つ母親自身が男性ホルモン及びテストステロンの保有量が少ないためにAGAを引き起こすことはほとんどありませんので、これを発症するのはX染色体が男性の体に受け継がれた時です。

まずはっきりと明確にわかりやすいのは母方の祖父の頭髪の状況です。
祖父が薄毛を発症しているのであれば、次にそれがどのような形状なのかを分析し、もしも額の両サイドが後退してM字を描いていたり、頭頂部にO字を描くように広がっていたり、またはその両方が同時に進行しているタイプの薄毛であればそれがAGAである事はほぼ確実ですので、それがいつしか自分自身にも発症することを覚悟して早めの対策が必要です。

また、母親の兄弟の頭髪の状況なども同じXの染色体によってアンドロゲン受容体の分量が決定されているため、自分がAGAになるかどうかを予測する上では大きな判断材料となります。
またこれらが一堂に会する時などに親族の頭髪の状況をチェックしておくと、未来の自分がよりよく予測できるでしょう。